MathMLメディアタイプ宣言
MathML Media-type Declarations

W3C部会のメモ
W3C Group Note

この文書についてのより詳細な情報
More details about this document
この文書のヴァージョン:
This version:
https://www.w3.org/TR/2022/NOTE-mathml-media-types-20220721/
最新公開ヴァージョン:
Latest published version:
https://www.w3.org/TR/mathml-media-types/
最新の編集者草案:
Latest editor's draft:
https://w3c.github.io/mathml-docs/mathml-media-types/
履歴:
History:
https://www.w3.org/standards/history/mathml-media-types
Commit history
編集者:
Editor:
Paul Libbrecht
Paul Libbrecht
意見:
Feedback:
GitHub w3c/mathml-docs (pull requests, new issue, open issues)
MathML 4 編集者草案
MathML 4 editors' draft
https://w3c.github.io/mathml/
MathML コア レベル 1 編集者草案
MathML Core Level 1 editors' draft
https://w3c.github.io/mathml-core/

概要
Abstract

この規範となる文書は, MathMLに対する3つのメディアタイプ, application/mathml+xml, application/mathml-presentation+xml, application/mathml-content+xmlを, [RFC4288]と[W3C登録メディア]に適合した上で登録しています. メディアタイプは, IESGによってIETFの公表として, IANAの登録に示されており, アプリケーションメディアタイプの一覧[メディアタイプ一覧]として見ることができます.

This normative text registers three media types for MathML, application/mathml+xml, application/mathml-presentation+xml and application/mathml-content+xml, in conformance with [RFC4288] and [W3CRegMedia]. The media-types have been approved by IESG for registration with IANA as announced by IETF and are visible on the list of application media-types [MediaTypesList].

この文書の位置付け
Status of This Document

この節では, 公表された時点でのこの文書の位置付けについて述べます. 最新のW3Cの公表した文書のリストやこの技術報告書の最新版は, W3C技術報告書の索引(http://www.w3.org/TR/)で見ることができます.

This section describes the status of this document at the time of its publication. A list of current W3C publications and the latest revision of this technical report can be found in the W3C technical reports index at https://www.w3.org/TR/.

この文書は, W3C数学作業部会により, メモの工程を用いて, 部会のメモとして発表されました.

This document was published by the Math Working Group as a Group Note using the Note track.

部会のメモは, W3Cやその会員の賛同を得てはいません.

Group Notes are not endorsed by W3C nor its Members.

この文書は草案であり, いつでも他の文書によって更新されたり, 置き換えられたり, 使われなくなったりするかもしれません. 作業の経過によらず, この文書を掲載することが不適当になります.

This is a draft document and may be updated, replaced or obsoleted by other documents at any time. It is inappropriate to cite this document as other than work in progress.

W3C特許指針は, この文書に何らライセンスの要件や確約を課しません.

The W3C Patent Policy does not carry any licensing requirements or commitments on this document.

この文書は, 2021年11月2日版のW3C手続き文書により決定されました.

This document is governed by the 2 November 2021 W3C Process Document.

1. MathMLデータに対するメディアタイプの選択
Selection of Media Types for MathML Instances

MathMLは, 2種類の別個のものを含んでいます. プレゼンテーションマークアップは, 視覚的な表現をコード化し, MathML仕様書の第3章で定義された要素から成ります. コンテントマークアップは, 数学的意味をコード化し, MathML仕様書の第4章で定義された要素から成ります. 加えて, プレゼンテーションマークアップとコンテントマークアップは両方とも, math要素, semantics要素, annotation要素, annotation-xml要素を含みます. MathMLのメディアタイプは次のものが使われるべきです.

MathML contains two distinct vocabularies. Presentation markup is for encoding visual presentation, and consists of the elements defined in Chapter 3 of the MathML specification. Content markup is for encoding mathematical meaning, and consists of the elements defined in Chapter 4 of the MathML specification. In addition, both the presentation and content vocabularies contain the math, semantics, annotation and annotation-xml elements. The MathML media types should be used as follows:

application/mathml-presentation+xml

プレゼンテーションマークアップだけから成るMathMLデータ.

MathML instances that consist solely of presentation markup.

application/mathml-content+xml

コンテントマークアップだけから成るMathMLデータ.

MathML instances that consist solely of content markup.

application/mathml+xml

何らかの有効なMathMLデータ. プレゼンテーションマークアップとコンテントマークアップの混在したMathMLデータ, もしくはデータの組合せが分からない場合, または保証できない場合に利用されなければなりません.

Any valid MathML instance. Must be used for MathML instances that are a mix of presentation and content markup, or where the composition of an instance is not known or cannot be guaranteed.

MathMLソフトウェアの中には, それら2種類のデータのうち1種類のみを入出力するもがあってもよいです. 一方, 別のソフトウェアは, 別々の方法で各種類のデータを提供したり利用したりしてもよいですし, さらに別のソフトウェアは2種類の間の区別を行わずに両方を処理してもよいです. 内部的に, 多くのMathML処理ソフトウェアは, 一方の種類を好んで利用し, 結局のところ, もう一方の種類には変換することで対応します. 例えば, 計算ソフトウェアは典型的にコンテントマークアップを好んで利用し, 組版ソフトウェアは一般にプレゼンテーションマークアップを好んで利用します. プレゼンテーションマークアップだけ, またはコンテントマークアップだけから成るMathMLデータに対して別個のメディアタイプを使用することで, そのような処理ソフトウェアは, MathML表現に対する望ましい種類のデータを利用するよう伝えることができます. 例えば, 表計算と数式処理システムといった, 数学計算サービスを提供する2つのウェブサービスを考えるとします. 内部的に両方ともコンテントマークアップを好みますが, 通常出力としてプレゼンテーションマークアップを生成します. メディアタイプによる調整が行われないと, 2つのシステム間の調整に対する筋書は, コンテントマークアップからプレゼンテーションマークアップ, そして再度その逆といった2回の変換を含みます. 調整が行われることで, 変換は免除されます. 同様に, 1つの種類のMathMLデータを持つ利用者は, その種類に対応したウェブサービスを要求してもよいです.

Some MathML applications may import and export only one of these two vocabularies, while others may produce and consume each in a different way, and still others may process both without any distinction between the two. Internally, many MathML processors favor one vocabulary, and support the other vocabulary via conversion if at all. For example, computational software typically favors content markup while typesetting software generally favors presentation markup. By using separate media types for MathML instances consisting solely of presentation or solely of content markup, such processors can conduct negotiation for MathML representations in the preferred vocabulary. For example, consider two web services offering mathematical computation services such as a spreadsheet and a computer algebra system. Internally both prefer content markup, but by default, both generate presentation markup for output. In the absence of media type negotiation, a likely scenario for an exchange between two systems involves two conversions, content to presentation and back again. With negotiation, the conversions are eliminated. Similarly, a client with a MathML instance in one of the vocabularies might seek a web service that preferred that vocabulary.

MathMLは一般に, 例えばHTMLの中など, 内容が様々なものから描かれる, 複数のソフトウェアで処理される複合文書の配置で利用されます. それらの場合に, MathMLの式が組入れられているかは一般に分からず, 最終的に利用者のソフトウェアによって保証されません. そのため, application/mathml+xmlの型がどの有効なMathMLにも適用できるものとして使われるべきです. ほとんどのソフトウェアは, 信頼できないものからのデータを扱う必要があるので, application/mathml+xmlは, 一般に既定値として利用するのにふさわしいでしょう. また, MathMLを処理する全てのプログラムは, より具体的な書式に対する予備のメディアタイプとして, その値を受け入れるように促されています.

MathML is commonly used in compound document settings, e.g. within HTML, where content is drawn from a variety of sources, and processed with multiple tools. In these cases, the composition of MathML expressions generally is not known or at least cannot be guaranteed by a user agent. Consequently, the application/mathml+xml type should be used, as it may be applied to any valid MathML expression. Since most applications involve data from untrusted sources, application/mathml+xml will commonly be appropriate to use as a default type, and all MathML processors are encouraged to accept it as a fallback to the more specific formats.

ここで説明するメディアタイプは, MathMLの全てのヴァージョンのデータに適用されるでしょう. MathMLデータはヴァージョン番号を含まず, そのため, 処理プログラムや出力プログラムは, 標準的な下位互換の挙動に従う必要があります.

The media types described here may be applied to instances of all versions of MathML. MathML instances do not contain version numbers, so processors and producers must follow the normative backward compatibility behavior.

2. 一般的なMathMLのメディアタイプ
Media type for Generic MathML

この登録は, 外部団体の審査に委ねられてきており, IESGにより, IANAへの登録を承認されてきました.

This registration has been submitted to community review and has been approved by IESG for registration with IANA.

タイプ名
Type name

application

サブタイプ名
Subtype name

mathml+xml

必須パラメータ
Required parameters

無し

None

必須でないパラメータ
Optional parameters

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlcharsetパラメータと同じ

Same as charset parameter of application/xml as specified in [RFC7303]

コード化に関する考慮事項
Encoding considerations

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlのコード化に関する考慮事項が適用されます.

The encoding considerations of application/xml as specified in [RFC7303] apply.

セキュリティに関する考慮事項
Security considerations

他のXML形式や[RFC7303] 第10節で注意したように, 故意にXML実体で構成されたものを繰り返し展開することは, 大量のメモリを消費します. このことは, 制約のある環境におけるXML処理プログラムの停止を引き起こすかもしれません.

As with other XML types and as noted in [RFC7303] section 10, repeated expansion of maliciously constructed XML entities can be used to consume large amounts of memory, which may cause XML processors in constrained environments to fail.

いくつかのMathML要素は, 参照するための任意のURIを必要としてもよいです. その場合, [RFC3986]第7節のセキュリティの課題が考慮されるべきです.

Several MathML elements may cause arbitrary URIs to be referenced. In this case, the security issues of [RFC3986], section 7, should be considered.

HTMLと同様に, MathML文書は, 画像, スタイルシート, スクリプト言語といった外部媒体を参照してもよいです. スクリプト言語は実行可能な内容です. この場合, それらの形式に対するメディアタイプ登録のセキュリティに関する考慮事項が適用されるでしょう. 同様に, MathML付加情報要素は, 実行や処理を意図する内容を含んでもよいです. 付加された内容を処理プログラムが認識したり処理したりする場合, または, それらの内容のより詳細な処理を他の処理ソフトウェアに依頼する場合, 追加のセキュリティの課題が潜在的に提起されます. MathML仕様書の規範的に意味するところでは, 付加情報要素の処理を必須としていないので, それらの課題は, この登録文書の範囲外です.

In common with HTML, MathML documents may reference external media such as images, style sheets, and scripting languages. Scripting languages are executable content. In this case, the security considerations in the Media Type registrations for those formats shall apply. Similarly, MathML annotation elements may contain content intended for execution or processing. In the case where the processor recognizes and processes the additional content, or where further processing of that content is dispatched to other processors, additional security issues potentially arise. Since the normative semantics of the MathML specifications do not require processing of annotation elements, such issues fall outside the domain of this registration document.

MathMLは, 計算システムの演算を意図した数式を説明するのに利用されてもよいです. 数学の本質的特徴から, 見た目は無害な式が, 終わらない計算や現実的でないほど時間の掛かる計算を引き起こすことがあるかもしれません. このことは, 制約のある環境の計算処理プログラムが停止するかもしれないというリスクを持ち込むかもしれません.

MathML may be used to describe mathematical expressions intended for evaluation in computing systems. Because of the nature of mathematics, a seemingly innocuous expression may lead to a computation which does not terminate or is impractically large. This introduces the risk that computational processors in constrained environments may fail.

加えて, MathMLのXMLで一般的な拡張機能のために, application/mathml+xmlは, ここで説明したことを超えてセキュリティに影響を持つ内容を述べてもよいです. ただし, 処理プログラムがMathML仕様書の規範的に意味する部分にのみに従うのならば, その内容は, MathML名前空間の外でしょうし, 無視されるでしょう.

In addition, because of the extensibility features for MathML and of XML in general, it is possible that application/mathml+xml may describe content that has security implications beyond those described here. However, if the processor follows only the normative semantics of the MathML specifications, this content will be outside the MathML namespace and shall be ignored.

相互運用性に関する考慮事項
Interoperability considerations

MathML名前空間および他の名前空間の両方で認識されていない要素や属性, また, 他のものとの間の処理で従わなければならない挙動があります. MathML仕様書は, その挙動を命令する処理の意味について述べています.

The MathML specification describes processing semantics that dictate behavior that must be followed when dealing with, among other things, unrecognized elements and attributes, both in the MathML namespace and in other namespaces.

MathMLが拡張可能なことから, application/mathml+xmlに適合した処理プログラムは, 受け取る内容が整形式のXMLであると予測しなければなりません. ただし, 内容が特定のDTDまたはスキーマで有効か, また, 処理プログラムが文書の中の要素と属性の全部を認識するかは保証されません.

Because MathML is extensible, conformant application/mathml+xml processors must expect that content received is well-formed XML, but it cannot be guaranteed that the content is valid to a particular DTD or Schema or that the processor will recognize all of the elements and attributes in the document.

MathMLデータはヴァージョン番号を含まないので, 処理プログラムや出力プログラムは, MathML仕様書で述べられている標準の下位互換の挙動に従わなければなりません.

MathML instances do not contain version numbers, so processors and producers must follow the normative backward compatibility behavior described in the MathML specifications.

計算の過程において, MathMLの式を評価した結果は, ソフトウェア特有で, ソフトウェア間で相互利用可能であるか保証されません.

In computational contexts, the result of evaluating a MathML expression is system-specific, and is not guaranteed to be interoperable between systems.

公開済みの仕様
Published specification

このメディアタイプの登録文書は, 数学用マークアップ言語 (MathML) ヴァージョン 3仕様書の付録Bからの抜粋ですが, この登録文書自身で仕様書が構成されています.

This media type registration is extracted from Appendix B of the Mathematical Markup Language (MathML) Version 3. specification but constitutes a specification in itself.

このメディアタイプを利用するソフトウェア
Applications that use this media type

ウェブブラウザ, 描画プログラム, 数式編集ツール, 組版ソフトウェア, 検索エンジン, 計算システム.

Web browsers, rendering engines, formula editors, typesetting software, search robots, computing systems.

補足情報
Additional information

マジックナンバー:[RFC7303]参照

Magic number(s): see [RFC7303]

ファイル拡張子:
File extension(s):

.mml

ウィンドウズクリップボード名:
Windows Clipboard Name:

MathML

マッキントッシュファイルタイプコード
Macintosh file type code(s)

MML

マッキントッシュユニバーサルタイプ識別子コード
Macintosh Universal Type Identifier code

public.xmlに適合したpublic.mathml

public.mathml conforming to public.xml

より詳細な情報についての問合せ先およびメールアドレス
Person & email address to contact for further information

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). より詳細な情報についてはW3C数学作業部会のホームページを参照して下さい.

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). See the W3C Math Working Group home page for more information.

対象用途
Intended usage

汎用

COMMON

利用制限
Restrictions on usage

無し

None

著者および変更管理者
Author and Change controller

MathML仕様書およびこのメディアタイプ登録文書は, ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムの数学作業部会の成果です. W3Cはこのメディアタイプ登録文書の変更を管理しています.

The MathML specification and this media-type registration are the products of the World Wide Web Consortium's Math Working Group. The W3C has change control over this media type registration.

3. プレゼンテーションMathMLのメディアタイプ
Media type for Presentation MathML

この登録は, 外部団体の審査に委ねられてきており, IESGにより, IANAへの登録を承認されてきました.

This registration has been submitted to community review and has been approved by IESG for registration with IANA.

タイプ名
Type name

application

サブタイプ名
Subtype name

mathml-presentation+xml

必須パラメータ
Required parameters

無し

None

必須でないパラメータ
Optional parameters

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlのcharsetパラメータと同じ

Same as charset parameter of application/xml as specified in [RFC7303]

コード化に関する考慮事項
Encoding considerations

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlの考慮事項が適用されます.

The considerations of application/xml as specified in [RFC7303] apply.

セキュリティに関する考慮事項
Security considerations

他のXML形式や[RFC7303] 第10節で注意したように, 故意にXML実体で構成されたものを繰り返し展開することは, 大量のメモリを消費します. このことは, 制約のある環境におけるXML処理プログラムの停止を引き起こすかもしれません.

As with other XML types and as noted in [RFC7303] section 10, repeated expansion of maliciously constructed XML entities can be used to consume large amounts of memory, which may cause XML processors in constrained environments to fail.

いくつかのMathML要素は, 参照するための任意のURIを必要としてもよいです. その場合, [RFC3986]第7節のセキュリティの課題が考慮されるべきです.

Several MathML elements may cause arbitrary URIs to be referenced. In this case, the security issues of [RFC3986], section 7, should be considered.

HTMLと同様に, MathML文書は, 画像, スタイルシート, スクリプト言語といった外部媒体を参照してもよいです. スクリプト言語は実行可能な内容です. この場合, それらの形式に対するメディアタイプ登録のセキュリティに関する考慮事項が適用されるでしょう. 同様に, MathML付加情報要素は, 実行や処理を意図する内容を含んでもよいです. 付加された内容を処理プログラムが認識したり処理したりする場合, または, それらの内容のより詳細な処理を他の処理ソフトウェアに依頼する場合, 追加のセキュリティの課題が潜在的に提起されます. MathML仕様書の規範的に意味するところでは, 付加情報要素の処理を必須としていないので, それらの課題は, この登録文書の範囲外です.

In common with HTML, MathML documents may reference external media such as images, style sheets, and scripting languages. Scripting languages are executable content. In this case, the security considerations in the Media Type registrations for those formats shall apply. Similarly, MathML annotation elements may contain content intended for execution or processing. In the case where the processor recognizes and processes the additional content, or where further processing of that content is dispatched to other processors, additional security issues potentially arise. Since the normative semantics of the MathML specification do not require processing of annotation elements, such issues fall outside the domain of this registration document.

MathMLは, 計算システムの演算を意図した数式を説明するのに利用されてもよいです. 数学の本質的特徴から, 見た目は無害な式が, 終わらない計算や現実的でないほど時間の掛かる計算を引き起こすことがあるかもしれません. このことは, 制約のある環境の計算処理プログラムが停止するかもしれないというリスクを持ち込むかもしれません.

MathML may be used to describe mathematical expressions intended for evaluation in computing systems. Because of the nature of mathematics, a seemingly innocuous expression may lead to a computation which does not terminate or is impractically large. This introduces the risk that computational processors in constrained environments may fail.

加えて, MathMLのXMLで一般的な拡張機能のために, application/mathml-presentation+xmlは, ここで説明したことを超えてセキュリティに影響を持つ内容を述べてもよいです. ただし, 処理プログラムがMathML仕様書の規範的に意味する部分にのみに従うのならば, その内容は, MathML名前空間の外でしょうし, 無視されるでしょう.

In addition, because of the extensibility features for MathML and of XML in general, it is possible that application/mathml-presentation+xml may describe content that has security implications beyond those described here. However, if the processor follows only the normative semantics of the MathML specification, this content will be outside the MathML namespace and shall be ignored.

相互運用性に関する考慮事項
Interoperability considerations

MathML名前空間および他の名前空間の両方で認識されていない要素や属性, また, 他のものとの間の処理で従わなければならない挙動があります. MathML仕様書は, その挙動を命令する処理の意味について述べています.

The MathML specifications describe processing semantics that dictate behavior that must be followed when dealing with, among other things, unrecognized elements and attributes, both in the MathML namespace and in other namespaces.

MathMLが拡張可能なことから, application/mathml-presentation+xmlに適合した処理プログラムは, 受け取る内容が整形式のXMLであると予測しなければなりません. ただし, 内容が特定のDTDまたはスキーマで有効か, また, 処理プログラムが文書の中の要素と属性の全部を認識するかは保証されません.

Because MathML is extensible, conformant application/mathml-presentation+xml processors must expect that content received is well-formed XML, but it cannot be guaranteed that the content is valid to a particular DTD or Schema or that the processor will recognize all of the elements and attributes in the document.

MathMLデータはヴァージョン番号を含まないので, 処理プログラムや出力プログラムは, MathML仕様書で述べられている標準の下位互換の挙動に従わなければなりません.

MathML instances do not contain version numbers, so processors and producers must follow the normative backward compatibility behavior described in the MathML specifications.

計算の過程において, MathMLの式を評価した結果は, ソフトウェア特有で, ソフトウェア間で相互利用可能であるか保証されません.

In computational contexts, the result of evaluating a MathML expression is system-specific, and is not guaranteed to be interoperable between systems.

この規範的な文書は, メディアタイプapplication/mathml-presentation+xmlに対するファイル拡張子を記録していません. なぜなら, 内部にMathMLを含むファイルを処理するソフトウェアが, 他の内容を調整する形式が特定のメディアタイプで有利でない限り, 一般的なメディアタイプ(application/mathml+xml)で十分な情報を入手することを期待されているからです.

This normative text does not record a file extension for the media type application/mathml-presentation+xml because we expect tools processing files with MathML inside to have sufficient information with the generic media-type (application/mathml+xml) while other content negotiation forms will take advantage of specific media-types.

公開済みの仕様
Published specification

このメディアタイプの登録文書は, 数学用マークアップ言語 (MathML) ヴァージョン 3仕様書の付録Bからの抜粋ですが, 独立した仕様書です.

This media type registration is extracted from Appendix B of the Mathematical Markup Language (MathML) Version 3. specification but is a free-standing specification.

このメディアタイプを利用するソフトウェア
Applications that use this media type

ウェブブラウザ, 描画プログラム, 数式編集ツール, 組版ソフトウェア, 検索エンジン, 計算システム.

Web browsers, rendering engines, formula editors, typesetting software, search robots, computing systems.

補足情報
Additional information

マジックナンバー:[RFC7303]参照

Magic number(s): see [RFC7303]

ファイル拡張子:
File extension(s):

無し

None

ウィンドウズクリップボード名:
Windows Clipboard Name:

MathML Presentation

マッキントッシュファイルタイプコード
Macintosh file type code(s)

MMLp

マッキントッシュユニバーサルタイプ識別子コード
Macintosh Universal Type Identifier code

(上で述べたように)public.xmlに適合したpublic.mathmlに適合したpublic.mathml.presentation

public.mathml.presentation conforming to public.mathml (described above) conforming to public.xml

より詳細な情報についての問合せ先およびメールアドレス
Person & email address to contact for further information

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). より詳細な情報についてはW3C数学作業部会のホームページを参照して下さい.

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). See the W3C Math Working Group home page for more information.

対象用途
Intended usage

汎用

COMMON

利用制限
Restrictions on usage

無し

None

著者および変更管理者
Author and Change controller

MathML仕様書およびこの規範的な文書は, ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムの数学作業部会の成果です. W3Cはこの規範的な文書の変更を管理しています.

The MathML specification and this normative text are the products of the World Wide Web Consortium's Math Working Group. The W3C has change control over this normative text.

4. コンテントMathMLのメディアタイプ
Media type for Content MathML

この登録は, 外部団体の審査に委ねられてきており, IESGにより, IANAへの登録を承認されてきました.

This registration has been submitted to community review and has been approved by IESG for registration with IANA.

タイプ名
Type name

application

サブタイプ名
Subtype name

mathml-content+xml

必須パラメータ
Required parameters

無し

None

必須でないパラメータ
Optional parameters

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlcharsetパラメータと同じ

Same as charset parameter of application/xml as specified in [RFC7303]

コード化に関する考慮事項
Encoding considerations

[RFC7303]で指定されているapplication/xmlのコード化に関する考慮事項が適用されます.

The encoding considerations of application/xml as specified in [RFC7303] apply.

セキュリティに関する考慮事項
Security considerations

他のXML形式や[RFC7303] 第10節で注意したように, 故意にXML実体で構成されたものを繰り返し展開することは, 大量のメモリを消費します. このことは, 制約のある環境におけるXML処理プログラムの停止を引き起こすかもしれません.

As with other XML types and as noted in [RFC7303] section 10, repeated expansion of maliciously constructed XML entities can be used to consume large amounts of memory, which may cause XML processors in constrained environments to fail.

いくつかのMathML要素は, 参照するための任意のURIを必要としてもよいです. その場合, [RFC3986]第7節のセキュリティの課題が考慮されるべきです.

Several MathML elements may cause arbitrary URIs to be referenced. In this case, the security issues of [RFC3986], section 7, should be considered.

HTMLと同様に, MathML文書は, 画像, スタイルシート, スクリプト言語といった外部媒体を参照してもよいです. スクリプト言語は実行可能な内容です. この場合, それらの形式に対するメディアタイプ登録のセキュリティに関する考慮事項が適用されるでしょう. 同様に, MathML付加情報要素は, 実行や処理を意図する内容を含んでもよいです. 付加された内容を処理プログラムが認識したり処理したりする場合, または, それらの内容のより詳細な処理を他の処理ソフトウェアに依頼する場合, 追加のセキュリティの課題が潜在的に提起されます. MathML仕様書の規範的に意味するところでは, 付加情報要素の処理を必須としていないので, それらの課題は, この登録文書の範囲外です.

In common with HTML, MathML documents may reference external media such as images, style sheets, and scripting languages. Scripting languages are executable content. In this case, the security considerations in the Media Type registrations for those formats shall apply. Similarly, MathML annotation elements may contain content intended for execution or processing. In the case where the processor recognizes and processes the additional content, or where further processing of that content is dispatched to other processors, additional security issues potentially arise. Since the normative semantics of the MathML specifications do not require processing of annotation elements, such issues fall outside the domain of this registration document.

MathMLは, 計算システムの演算を意図した数式を説明するのに利用されてもよいです. 数学の本質的特徴から, 見た目は無害な式が, 終わらない計算や現実的でないほど時間の掛かる計算を引き起こすことがあるかもしれません. このことは, 制約のある環境の計算処理プログラムが停止するかもしれないというリスクを持ち込むかもしれません.

MathML may be used to describe mathematical expressions intended for evaluation in computing systems. Because of the nature of mathematics, a seemingly innocuous expression may lead to a computation which does not terminate or is impractically large. This introduces the risk that computational processors in constrained environments may fail.

加えて, MathMLのXMLで一般的な拡張機能のために, application/mathml-content+xmlは, ここで説明したことを超えてセキュリティに影響を持つ内容を述べてもよいです. ただし, 処理プログラムがMathML仕様書の規範的に意味する部分にのみに従うのならば, その内容は, MathML名前空間の外でしょうし, 無視されるでしょう.

In addition, because of the extensibility features for MathML and of XML in general, it is possible that application/mathml-content+xml may describe content that has security implications beyond those described here. However, if the processor follows only the normative semantics of the MathML specifications, this content will be outside the MathML namespace and shall be ignored.

相互運用性に関する考慮事項
Interoperability considerations

MathML名前空間および他の名前空間の両方で認識されていない要素や属性, また, 他のものとの間の処理で従わなければならない挙動があります. MathML仕様書は, その挙動を命令する処理の意味について述べています.

The MathML specification describes processing semantics that dictate behavior that must be followed when dealing with, among other things, unrecognized elements and attributes, both in the MathML namespace and in other namespaces.

MathMLが拡張可能なことから, application/mathml-content+xmlに適合した処理プログラムは, 受け取る内容が整形式のXMLであると予測しなければなりません. ただし, 内容が特定のDTDまたはスキーマで有効か, また, 処理プログラムが文書の中の要素と属性の全部を認識するかは保証されません.

Because MathML is extensible, conformant application/mathml-content+xml processors must expect that content received is well-formed XML, but it cannot be guaranteed that the content is valid to a particular DTD or Schema or that the processor will recognize all of the elements and attributes in the document.

MathMLデータはヴァージョン番号を含まないので, 処理プログラムや出力プログラムは, MathML仕様書で述べられている標準の下位互換の挙動に従わなければなりません.

MathML instances do not contain version numbers, so processors and producers must follow the normative backward compatibility behavior described in the MathML specifications.

計算の過程において, MathMLの式を評価した結果は, ソフトウェア特有で, ソフトウェア間で相互利用可能であるか保証されません.

In computational contexts, the result of evaluating a MathML expression is system-specific, and is not guaranteed to be interoperable between systems.

この規範的な文書は, メディアタイプapplication/mathml-content+xmlに対するファイル拡張子を記録していません. なぜなら, 内部にMathMLを含むファイルを処理するソフトウェアが, 他の内容を調整する形式が特定のメディアタイプで有利でない限り, 一般的なメディアタイプ(application/mathml+xml)で十分な情報を入手することを期待されているからです.

This normative text does not record a file extension for the media type application/mathml-content+xml because we expect tools processing files with MathML inside to have sufficient information with the generic media-type (application/mathml+xml) while other content negotiation forms will take advantage of specific media-types.

公開済みの仕様
Published specification

このメディアタイプの登録文書は, 数学用マークアップ言語 (MathML) ヴァージョン 3仕様書の付録Bからの抜粋ですが, 独立した仕様書です.

This media type registration is extracted from Appendix B of the Mathematical Markup Language (MathML) Version 3. specification but is a free-standing specification.

このメディアタイプを利用するソフトウェア
Applications that use this media type

数式編集ツール, 検索エンジン, 計算システム.

Formula editors, search robots, computing systems.

補足情報
Additional information

マジックナンバー:[RFC7303]参照

Magic number(s): see [RFC7303]

ファイル拡張子:
File extension(s):

無し

None

ウィンドウズクリップボード名:
Windows Clipboard Name:

MathML Content

マッキントッシュファイルタイプコード
Macintosh file type code(s)

MMLc

マッキントッシュユニバーサルタイプ識別子コード
Macintosh Universal Type Identifier code

(上で述べたように)public.xmlに適合したpublic.mathmlに適合したpublic.mathml.content

public.mathml.content conforming to public.mathml (described above) conforming to public.xml

より詳細な情報についての問合せ先およびメールアドレス
Person & email address to contact for further information

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). より詳細な情報についてはW3C数学作業部会のホームページを参照して下さい.

Paul Libbrecht (member-math@w3.org). See the W3C Math Working Group home page for more information.

対象用途
Intended usage

汎用

COMMON

利用制限
Restrictions on usage

無し

None

著者および変更管理者
Author and Change controller

MathML仕様書およびこの規範的な文書は, ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムの数学作業部会の成果です. W3Cはこの規範的な文書の変更を管理しています.

The MathML specification and this normative text are the product of the World Wide Web Consortium's Math Working Group. The W3C has change control over this normative text.

A. 参考文献
References

A.1 有益な参考文献
Informative references

[メディアタイプ一覧]
[MediaTypesList]
メディアタイプ. IANA (Internet Assigned Numbers Authority. 2022年6月8日最終調査. URL: http://www.iana.org/assignments/media-types/application/
Media Types. IANA (Internet Assigned Numbers Authority. Last checked on June 8th 2022. URL: http://www.iana.org/assignments/media-types/application/
[RFC3986]
[RFC3986]
統一資源識別子(URI): 一般的構文. T. Berners-Lee, R. Fielding, L. Masinter著. IETF. 2005年1月. インターネット標準. URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc3986
(訳注:日本語訳https://triple-underscore.github.io/rfc-others/RFC3986-ja.html)
Uniform Resource Identifier (URI): Generic Syntax. T. Berners-Lee; R. Fielding; L. Masinter. IETF. January 2005. Internet Standard. URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc3986
[RFC4288]
[RFC4288]
Media Type Specifications and Registration Procedures(訳注:"メディアタイプの仕様と登録手続き"の意味). N. Freed, J. Klensin著. IETF. 2005年12月. 現時点における最善の実践(ベストカレントプラクティス). URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc4288
Media Type Specifications and Registration Procedures. N. Freed; J. Klensin. IETF. December 2005. Best Current Practice. URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc4288
[RFC7303]
[RFC7303]
XMLメディアタイプ. H. Thompson, C. Lilley著. IETF. 2014年7月. 標準化への提唱. URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7303
XML Media Types. H. Thompson; C. Lilley. IETF. July 2014. Proposed Standard. URL: https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7303
[W3C登録メディア]
[W3CRegMedia]
W3C仕様書に対するインターネットメディアタイプの登録. ワールド・ワイド・コンソーシアム. 2020年1月. URL: https://www.w3.org/2020/01/registering-mediatypes.html
Register an Internet Media Type for a W3C Spec. World Wide Web Consortium. January 2020. URL: https://www.w3.org/2020/01/registering-mediatypes.html